債務整理後の生活はどう変わる?

債務整理後の生活を気にする人も居るのではないでしょうか。借金を減らす、もしくは帳消しにするのですから、今後の生活に何らかの影響がでるのは仕方ありません。
今回は、債務整理後の生活について解説をしていきます。

債務整理後の気になる生活

債務整理後の生活に影響がでるのは、どうようなときでしょうか?

クレジットカードはもちろん新規借入れはできません

債務整理後5年から10年は、当然ですがローンは組めなくなります。クレジットカードの審査も通りません。デビットカードならば大丈夫です。キャッシュレス化が進む中で大変かもしれませんが、先払いのできるスマホ決済やプリペイドカードで代用するしか方法がありません。また高速道路で利用するETCも、債務整理者名義での契約はあきらめてください。
任意整理で、自動車や住宅ローンを除外していた場合は、そのままローンを支払いし続けることは可能ですが、新たな契約は不可能です。
また、子供の奨学金の保証人になることもできません。保証人は、お願いできる家族を探す必要があります。
任意整理後にローンができますと言った街金などには、注意をしてください。せっかくリスタートのチャンスが訪れました。甘い誘惑に負けてはいけません。

入居審査に影響ができることも

引っ越しなど、賃貸借契約を結ぶことは可能ですが、最近は保証会社の利用を必須にする賃貸も増えてきました。賃貸保証に参入する会社も様々、中には信販系の保証会社もあります。債務整理後、信販系の保証会社は審査落ちをする可能性もあるので注意をしてください。
管理会社が、信販系の保証会社しか相談できないとなると、その契約審査は落ちます。他の保証会社で相談ができないか、交渉をするようにしましょう。保証会社に保証人を付けると言った方法もあります。どうしてその賃貸が気に行ったときは、管理会社に相談をするようにしましょう。信販系以外の保証会社ならば、収入の安定した仕事をしていれば債務整理後といった理由で落とされることはありません。

携帯電話への影響は?

債務整理後、携帯電話の契約は問題ありませんが、新規の購入を分割でする場合は審査が通りません。債務整理後、携帯電話の機種変をするときは一括で購入するか、家族名義で契約することになります。
また、自己破産に携帯料金を含めた場合は、大手キャリアでの契約は不可能です。例えば、ソフトバンクの料金を自己破産の債権者に含めた場合、ドコモの契約も数年間はできなくなります。携帯料金を自己破産に含めるときは、弁護士に相談をするようにしましょう。

家族や友人からの借入れ

家族や友人からの借入は、相手が貸すとなれば問題ありません。ただし、人間関係のトラブルに発展することもあるので、できれば借りる生活からは、脱するようにしましょう。

生命保険の加入は?

生命保険の加入は、債務整理後でも問題ありません。生命保険の加入は借り入れではありませんので、安心をしてください。

債務整理後の生活が気になるときは依頼前に弁護士へ聞いておくこと

任意整理後も、生活自体はさほど変わりません。ローンやクレジットカードが作れなくなりますが、プリペイドカードなど先払いを意識すれば大丈夫です。債務整理後は、二度と借入れをしない、この気持ちを持っていれば素晴らしい再スタートができます。
任意整理後、返済が難しくなる状況が出てくるかもしれません。その場合は、依頼した弁護士を頼りましょう。債務整理をした人でも借りられると宣伝する業者を利用しないでください。任意整理で済んだ人が、数年後に自己破産をする事態になる典型的なパターンです。何か問題が発生したときは、速やかに弁護士へ相談をするようにしてください。