債務整理中の制限とは?

債務整理を考えている人の中に、制限について不安を抱える人もいるのではないでしょうか。債務整理中に何かしらの制限を受けるのか、知っておきたいと思うのも当然です。
今回は、債務整理中の制限に関して解説をしていきます。

債務整理中の制限

債務整理には主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがあります。最初に共通する制限を確認しておきましょう。

ブラックリストに載る

債務整理を行うと、実行した事実が個人信用情報機関に記録されます。よく言われるブラックリストです。
ブラックリストに載っている間は、新たな借り入れがほぼできません。期間は「自己破産・個人再生」で5年~10年、「任意整理」で5年です。
債務整理を考えている人ならば、新たな借り入れは難しい状態になっている可能性も高いですが、債務整理をした後でもその情報はしばらく残ります。債務整理中は新たな借り入れに制限がかかることと同じです。この状況で貸してくれる業者は、闇金かソフト闇金のどちらか、絶対に手をだしてはいけません。

連帯保証人にはなれない

債務整理中は、連帯保証人になることができません。連帯保証人にはならなから大丈夫と思われるかもしれませんが、子供の進学が絡んでくると後悔することもあります。それが奨学金制度の利用です。子供の大学進学に際し、奨学金制度の利用を考えても債務整理後の数年は審査が通りません。

ローンを組むことができない

当然ですが、債務整理中に新たなローンを組むことはできません。ローンはお金の借り入れです。まず審査が通ることはありません。

クレジットカードが利用できない

債務整理を始める前に取得していたクレジットカードの利用もできません。制限がかかるわけではなく利用ができる場合もありますが、債務整理中の利用は手続きにも影響がでます。
クレジットカードを利用するのは、新たな借り入れをしている状況です。債務が増え続けると正確な計算ができなくなり債務整理に支障をきたします。
特に注意が必要なのは、光熱費をクレジットカード払いししている人です。債務整理を開始したらすぐに変更の手続きを行ってください。

自己破産中の制限

ブラックリストは債務整理中の共通する制限です。債務整理の中でも、自己破産に関しては、別な制限を受ける場合があります。

資格制限

自己破産中は、資格制限がかかります。自己破産中とは、破産の申し立てから免責許可が決定するまでの間です。資格制限とは、就けない職種のこと、自己破産中は従事できない仕事が出てきます。

引っ越しや長期旅行の制限

財産処分が必要な管財事件の場合、引っ越しや長期旅行などの制限がかかる場合があります。
これは、財産隠しや逃亡を防ぐための制限です。もし、長期出張など致し方ない理由が発生したときは、裁判所の許可を得れば問題ありません。

免責許可決定されれば制限は解除

自己破産中の制限は、免責許可決定により解除されます。これを復権と呼び、復権されれば引っ越しや旅行、従事する仕事の制限は解除です。
ただし、先ほど説明したブラックリストは復権と関係ありません。

債務整理中の制限に忍び寄る誘惑

債務整理中の人を狙う闇金業者も居ます。ブラックリストにより新たな借り入れを制限された人に、お金を貸すとささやく業者です。債務整理中は、このような人たちから手紙や電話をもらっても、相手にしてはいけません。
債務整理中、逃げたくなる人も居ます。甘い誘惑にすがりたいと考えるかもしれません。しかし誘惑に負けると、せっかくの債務整理が水の泡、もしくは更に厳しい状況に陥るかもしれません。
何かしら困ったことが発生したときは、必ず弁護士に相談をしましょう。残金の返済が厳しいときも同様です。法のプロに相談すれば、解決する手段が見つかります。甘い誘惑に手を出す前に、必ず相談をしてください。